10月21日

戦況悪化に伴い人員の補充を決定した。
基本的に勉学、技術力の高い高専、大学生の動員である。

第1回学徒兵入隊を前にした昭和18年10月21日は、明治神宮競技場の主催で出陣学徒壮行会が開かれました。

政治的に色々とある式典、壮行会ですね。動員数約7万。

第2回目以降の壮行会はなかったとされるが。


「この学徒出陣によって陸海軍に入隊することになった多くの学生は、高学歴者であるという理由から、陸軍幹部候補生特別操縦見習士官・特别甲種幹部候補生や、海軍予備学生予備生徒として、不足していた野戦指揮官クラスの下級将校や下士官の充足にあてられた。」


これは誰でも知っていることであるが、この事さえ捻じ曲げたのが日本の放送媒体だった。

某局は当時の映像を独占できるが故に著作権が消滅した独占映像をどえらい捏造番組の制作に没頭した。


そう。あの映像は合成だと教育されていた。あ〜私の時代はそうだった(笑)

信じる人も多かったのではないか?


神宮を行進する学徒兵と会場にひしめく日の丸を振り、

十死零生の学生を応援?すまん言葉足らずだが彼らに声援を贈った方々の「場面」が別々に撮影されそれを繋ぎ合わせたものだと放送されたである。


現在では隠された報道と教育だがデータ解析の結果「嘘」の結果が出た。

生き残りの将兵、その場に居合わせた銃後の方々が証明してくれたのだ。

大人しく黙って聞いていればドンドンミスリードされてしまうって事だな。と思う案件だ。

そんな嘘を電波で流し、教育現場で躾けるとはこれまさに愚の骨頂なのではないだろうか。

近年、こうした強引な手段を用いなくなったようだが、


騙されちゃいかんよ。信じちゃダメだよ。


己の感性を大切に磨かなくちゃね。


[PR]
トラックバックURL : https://bladearts.exblog.jp/tb/28748001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Switch-Blade | 2018-10-20 22:48 | なんてことはないお話 | Trackback | Comments(0)