東京夏友会

東京夏友会、偕行社の承諾を得て発行された、
元第六十五旅団参謀、戸伏氏があの当時を推測した、
小森政光中佐(38期)の資料を無礼でなければ公開したいと思います。

小森支隊長と戸伏大隊長のマーカス岬周辺における協力体制は既に記しています。
多分三話位に纏めて戸伏大隊長が予測した小森支隊長の動静予測の正確さを数回に渡り記述しようと思います。

戸伏大隊長の戦場に於ける洞察は流石と云わざる負えないものがあります。
大隊長が予測した当時の観測はほぼ的中しているのが証明になりますね。

都城時代のお話など、今後三話に分けて記していく予定です。

兵站軽視、万歳突撃、玉砕などでどれだけの将兵を消耗したか。
多分この三話でそういう無念に散りざる負えなかった先輩がたの「戦争の脅威」を知る切っ掛けになればと思います。

ご興味のある方は閲覧下さいませ。

では、近いうちに。


[PR]
トラックバックURL : https://bladearts.exblog.jp/tb/28220788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Switch-Blade | 2018-03-30 23:44 | 戦陣の断章 | Trackback | Comments(0)