「外伝」 第三話

 
ここ数年で、自分を含む日本人は少々弱くなっていると思う事が多々ある。
逆境に弱く、自らの手で命を絶つニュースが後を絶たない。
生きているから辛いのだ

私自身こういう言葉をよく聞かされる。
そして自分もこのように思う事がやっぱりあった。
最近自分は辛い事件が発生すると
おっ!?来やがったな、次は何だ?
と、
思うように心掛けている。
そして自分に出来うる解決策を機械的に思考し始める。
これによって「何で自分はこうも運が悪いのだろう」と考えてしまう
ネガティブな発想が激減し、問題に立ち向かうように身体が動いてくる。
事故、事件、詐欺、リストラ、病気、借金、鬱、裏切り、虐め、
上げたらきりが無い!
世の中が辛いのは当然、だから楽しい事、うれしい事が記憶に刻まれるのである。
人間はこの世に生まれて来た時から、すでに死に向かって歩んでいる。
私は、自分が死ぬときに「ああしとけばよかった、こうしとけばよかった」と
後悔しながら死んで行く事を大変恐れている。
何が起ころうと精一杯生きていく事にした。
私の兄妹と友人は難病患者であるが、彼らは精一杯今を生きている。
       
                                  by Switch-Blade

戦陣の断章「外伝」第三話


私が久留米の士官学校で将校生徒として訓練を受けている時の話。
週に一回、講堂で中隊長の精神訓話がある。
われわれ候補生の年齢は20~24歳、中隊長は29歳ぐらいか?
勿論、陸軍士官学校を優秀な成績で出ていると思う。
厳かな口調でやる訓話の威厳のあること。
当時は年上だし、年齢のことなど考えなかったが、
今にして思うとどうしても現在の若者の歳を重ねてしまう。
精神訓話の最後には、毎回自分で作成した次の言葉を全員で唱えさせられる。

 勅諭に生き勅諭に死す。われは皇軍の禎幹(ていかん・鏡の意)たり。 
自ら信じ、自ら任じ、自ら重んず。

  勅諭とは軍人勅諭を言い、
明治15年1月4日に陸海軍軍人のあり方を懇切に教えたもので、長文なものであった。
これはわれわれが学校に在学中から覚えさせられたので、
覚えるのにそれほど苦労には感じなかった。
 下士官以下は、その中の次の5ヵ条だけ覚えればよかった。
 1 軍人は忠節を尽くすを本分とすべし
 1 軍人は礼儀を正しくすべし
 1 軍人は武勇を尊ぶべし
 1 軍人は信義を重んずべし
 1 軍人は質素を旨とすべし

 この勅諭は、前段に軍隊が出来るまでの経緯。
神武天皇ののころから軍隊は天皇自ら統率してきたという趣旨から
700年余武家政治になり、大政奉還で遂にもとの
天皇の軍隊に戻ったということが縷縷述べられ、
次に5カ条の説明になり、最後の結びとなります。
 全文実に名文で、5カ条のうち
礼儀、信義、質素の項は今の社会にも通じる内容でした。
 
 今、校則がうるさいとか、なにかと縛られるのをいやがりますが、
それが果たしてこれが民主主義なのか?と思ってしまいます。
やはり昔人なのでしょうかね。

  第三話 完
 

          
[PR]
トラックバックURL : https://bladearts.exblog.jp/tb/205978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 厨房の士 at 2004-10-12 11:48 x
 自分の妻や子供を叱咤出来ない男性が多いような気がする。
 自分が共に生きて行こうと決めた相手を、真っ直ぐ導けない人が相手に子育てを任せたら、その子供はどうなる?あぁー、悪循環。
 そんな事をつい思ってしまう時が多い。
 男よ!しっかり!
 生意気言ってすみません。
Commented by Switch-Blade at 2004-10-14 00:04 x
厨房の士さん、はじめまして。コメント有難う御座います。
確かにそのような方々が多く存在しているものと思われます。
真剣に今を生きる事を、国民一人一人が考えなければいけないですよね。
間違いを犯す事は人間誰でもあることです。
その間違いを、「自分は間違っていた!」と反省できる勇気を持つ事が
大事な事だと思っております。
そしてそれが、男子として大人としての
義務なのではないかと考えております。
自分はこのように感じています。

なんとなく出来ちゃって適当に?子育てするから
「泣き声がうるさくて殺しちゃった」なんて事件が後を絶たないのでしょう。
男よ!しっかりしろ!激しく同意致します!!


by Switch-Blade | 2004-09-07 15:55 | 「外伝」第一話~第十話 | Trackback | Comments(2)