人気ブログランキング |

「外伝」四十話 「望郷」

「外伝」四十話 「望郷」_b0020455_20324513.jpg


今回は、先日ご紹介した英語教程の中身をUP致しました。
一読するとお分かりになると思いますが、
まるで海外旅行用の一言英語だなぁと感じました。
勿論現在では「君は現役ですか?いいえ予備役で招集されました。」
なんて会話あまり聞かないと思いますが、当時の情況が良く伝わってきます。
よくぞ現在まで保存してくれたものだと脱帽する毎日である。
著者から送られてきた資料の中から一つ、

「終戦後のラバウルで、私は『かがみ』という雑誌の編集をしました」と
元文化出版局局長をなされていらした今井田勲氏は
このように語っていた。
「皆が意気消沈しているので何かの励みになるものをと
今村大将にお願いし、それを創刊号に載せました」
そして、
「かがみ」はザラ紙に綺麗な騰写版刷り60ページ、週刊誌大の雑誌である。
将兵の創作による時代小説、恋愛小説、短歌、俳句、世界情勢、英語講座、
復員後の職業案内、各団の消息などに、カット、イラストを多数加え
将兵の待望する娯楽、教養、情報を網羅している。
口絵には桜の木の下に立つ和服姿の美人画が使われているが、
これほど将兵の望郷の念を誘ったのか、
今日でも胸の熱くなるほどの内容である。」と、このように書かれていた。

そして最後に、著者の戦友古守氏著南雲詩から作者不明の
「英霊の声」をご紹介しよう。(南雲詩p369引用)

「英霊の声」
億兆の先霊ひとしく照覧し給う 静かに聞く在天英霊の声
大業を成就するは又何れの日ぞ 誓って英霊に謝し聖恩に応えん
道は遠く復興任また重し 千辛万苦絶え難きをしのび
精進日に新たに文化を敷き
徳を持って怨みに報い慈光を施さん


新!戦陣の断章   
戦争を語り継ごうリンク集はこちらから
by switch-blade | 2004-12-23 21:46 | 第三十一話~第四十話